ハワイの経済成長が加速

 

ハワイのビジネス経済開発観光局から第二四半期報告書に関するニュースレターの翻訳を頼まれました。不動産のことも載っているので、参考になさって下さい。

原文と、詳しい分析はこちらのサイトに掲載されています。(英文)

The full report is available at: dbedt.hawaii.gov/economic/qser/


DBEDT2018年経済成長の加速を予想

ホノルル – ビジネス経済開発観光局(DBEDT)は、2018年第二四半期統計経済報告書を発表し、それによると、ハワイ経済は2018年第一四半期に加速し始め、2018年の経済成長は当初の予想を上回るようである。加速予想の根拠は、観光の好成績と、労働市場の継続的改善である。

2018年第一四半期のハワイ労働市場は、失業率2%で全国一を確保し、これは全国で最低であるばかりでなく、ハワイ史上でも最低の率である。州全体の被雇用者あるいは自営業者の数は、2018年第一四半期が過去最高であった。同期間に、非農業部門の雇用は8,800増えた。2018年第一四半期の観光客到着者数は、四半期としては過去最高で、240万人の観光客が飛行機でハワイに来た。観光客の名目支出は、2018年第一四半期に10.1%上昇した。観光業界の先行指標であるハワイへの定期便の総席数は、2018年第一四半期に10.6%増加し、2018年の残りは7.4%増えると見込まれる。

DBEDTディレクターのルイスP.サラヴェリア氏によると、「観光、専門サービス業、医療が、依然として経済成長の原動力です。これら三つの業種だけで、2018年第一四半期に、1万以上の雇用が増えました。」

 

報告には、雇用増加に苦しんでいる業界も紹介されている。例えば、去年の同じ時期に比べて、州政府は1,700、小売業は1,000の雇用が減った。州政府の雇用の減少は、州の限られた労働力の供給で、欠員を埋めることの難しさを物語っているのかもしれない。

2018年第一四半期の建築の統計は入り混じっている。州全体の私有建物の建築許可の価値は23.9%減り、その多くは、2018年第一四半期のホノルル郡の37.2%の減少だ。ホノルルは、州全体の私有建築の価値の56.3%を占める。マウイ郡も私有建物の建築許可の価値は9.2%減少したが、ハワイとカウアイ郡の私有建物建築許可の価値は、それぞれ15.1%と28.7%増加した。

「不動産市場は、2018年の最初の4か月、伸び続けています。2018年の4か月は、売買の数も住宅の中央値も、カウアイのコンドの中央値が1.8%下がった以外は、全ての郡で上がっています。オアフでは、2018年の4か月間で、戸建ての中央値が4.6%、コンドの中央値が7.5%上がりました。州外の居住者による居住系不動産投資は、未だに好調です。2018年第一四半期は、28.1%の住宅が州外の居住者に売られ、これは、2012年代に四半期以降では、最大の上昇率です」(州主席エコノミスト、ユージーン・チアン博士)。

5月10日に発表された50以上のトップ経済調査団体(ブルーチップ経済指標)の最近の予想によると、2018年と19年の米国と世界経済は安定した成長を続け、2018年の米国経済は、2.8%に加速する。ハワイ旅行者の消費の61%は米国のメインランドからの観光客なので、ハワイは、米国の経済成長の加速の恩恵を受けるだろう。コンセンサス予想によると、米国経済は、2019年も2.6%の成長が続くであろう。

DBEDTは、観光客の業界予想を上方修正し、2018年は訪れる可能客が6%、2019年は1.2%、2020年と2021年は1.4%増加すると予想している。観光客による消費の上昇率は、2018年が8.6%、2019年が2%、2020年と2021年が3.5%の予想である。

DBEDTは、実質国内総生産(GDP)で測られるハワイの経済成長予想を、2018年第一四半期の予想から上方修正し、2018年が1.9%、2019年が1.6%、2020年と2021年が1.4%としている。

DBEDTは、非農業雇用数の予想も上方修正し、2018年が1.2%、2019年と2020年が0.9%、2021年が0.8%とした。失業率の予想は、2018年が2.2%に下がり、徐々に上昇して、2021年は3.4%である。

DBEDTは、個人所得名目成長率も上方修正し、2018年が4%、2019年が3.9%、2020年と2021年が4%とした。DBEDTは、ホノルル消費者物価指数で測られる消費者インフレが今までの予想よりも高くなると考えており、2018年が2.6%で、徐々に上昇して2021年は3.1%になるとしている。実質個人所得の増加も前四半期の予想から上方修正され、2018年が1.7%、その後の数年間は1.2%から1.5%となった。

DBEDT四半期統計経済報告には、ハワイ経済の直近の四半期データに関する136の表と、それらのデータのトレンドの説明が含まれている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。