エージェントをお探しの方へ

ハワイ・アメリカで不動産を購入する第一歩は、信頼のおけるエージェントを見つけることです。

日本人のエージェントか、アメリカ人のエージェントか

英語に自信のある方は、アメリカ人エージェントで問題ありません。ただし、契約時は専門用語が多分に飛び交いますので、日常会話が出来る程度の方ですと難しいと思います。

アメリカのエージェントは厳しい倫理の元で活動しています。倫理違反があると、例えばエージェントの生命線ともいえるMLSの利用を停止されたり、最悪会員資格を剥奪されることもあります。法律を守ることはもちろんですが、厳しい倫理によって規律と調和を守っていますので、「不動産業者=悪徳な人が多い」というイメージはありません。

とはいえ、詐欺まがいのことを働くエージェントがいないとも限りません。
英語でのコミュニケーションや専門用語に自信の無い方は、日本人エージェントを探すことをお薦めします。

良いエージェントとは

誠実で、地域の情報に詳しく、経験豊富なエージェントを選ぶことが大切です。

日米の文化や商習慣の違いから、お互いが戸惑うことは多くあると思います。お互いが誠実に対応出来る相手を見つけることが最も大切だと、私は考えます。

エージェントの探し方

物件情報検索サイトから、エージェントの検索も可能です。

例えば全米最大の不動産業者ネットワーク、NARが運営するRealtor.comで検索してみましょう。
メニューの「Find Realtor」を選択し、希望の地域を入力して下さい。「More Filters」をクリックすると、Languageを選択出来ますので、Japaneseにチェックを入れて再度検索して下さい。日本語対応可能なエージェントがリストされます。

不動産が存在する州のライセンスを保有した不動産エージェントを選ぶ必要があります。

私の経歴

私、大野純司は愛媛県松山市に生まれ、高校時代までを過ごしました。大学進学と同時に渡米して以来、米国各地に居住、アメリカ人の伴侶を得てハワイに移り住み、25年ほどになります。
元の職業は通訳、翻訳業です。米国のNARの下部組織であるIREMで通訳・翻訳の仕事を長年やっています。そのご縁もあって、日本、ハワイ、全米、世界にネットワークが出来ました。

さらに本職は、牧師です。

私の経歴に興味がある方は、こちらをどうぞ。

大野純司プロフィール

日本の不動産業者の方で、現地のエージェントをお探しの方は、こちらからお問い合わせ下さい。

私が売買仲介出来るのはハワイ州だけですが、他州のエージェントを紹介することも出来ます。

コミッションについてはこちらの記事を参考にして下さい。

ハワイの売買仲介手数料の仕組み:40-60%の紹介料をお支払いできます

 

お問い合わせ