現地オープンハウスの動画をチェック!

海面上昇にホノルル市はどう対処するのか ーハワイ・ビジネス・マガジンー

海面上昇によるビーチの浸食、高潮、地下水氾濫などは、既にホノルル市街地に影響を与え始めており、これから深刻化すると思われます。今日は、これらの損害を最小限にとどめるために、どのような取り組みがなされているかについて解説します。

湿地帯だったワイキキ

ご存知ない方も多いと思いますが、ワイキキは元々湿地帯でした。ハワイ列島は、火山の噴火によって形成されたわけですが、浸食の過程において、湿地帯ができるのだそうです。カイルアにも大きな湿地帯があります。ワイキキのビーチは人工的に作られたもので、放っておくと浸食が進みますので、定期的に砂を輸入して埋め立てなければなりません。

ハワイの雨季は冬ですが、高潮と重なると、モイリイリからマプナプナ地域の市街地の地下水の水面が上がり、湿地帯のようになることがあります。ビーチ沿いの道路が浸食の被害に会ったり、家が倒壊したりするなどの事件もありますが、今のところそれはごく稀です。

基本上昇によるワイキキの海面上昇の影響

国連の予想によると、気温上昇を摂氏2度に抑えられたとしても、2100年には海面が90~120センチ上昇するといわれており、2度以上であれば、180センチ以上上昇すると言われています。ハワイ気候変化緩和適応委員会の2017年の報告によると、海面が1メートル上がると、2万人の人が家を失うそうです。

ワイキキの場合、海面が60センチ上昇すると、アラワイゴルフ場の一部が湿地帯になります。それを見越して、ハワイ大学のジュディス・スティルゲンバウアー氏は、9ホールだけ残して、後は湿地帯の公園兼緩衝地帯にすることを提案しています。

海面上昇60センチの場合のワイキキ周辺

 

90センチならアラワイ運河近辺が水没し、地下水面が上がって、下水が機能しなくなります。

海面上昇90センチの場合のワイキキ周辺

 

120センチなら半分以上が水没し、周辺にも水没する地域が増えます。

海面上昇120センチの場合のワイキキ周辺

 

180センチならホノルル市街地沿岸部とともに、ほぼ全部水没するそうです。米国海洋大気庁によると、こうなる可能性が最も大だそうです。

海面上昇120センチの場合のワイキキ周辺

 

ビーチを保つ対策

砂の輸入は観光が目的でしたが、島を海面上昇から守るための手段の一つとして、より包括的な計画が迫られています。1949年以降、オアフ島のビーチは、25%が細くなるか人工的に失われており、60%が浸食を続けているそうですが、水害から守るためには、堤防を築いたりするよりも、ビーチの方が有効だそうです。スティルゲンバウアー氏は、市街地に堤防を築くのではなく、海岸線を公園にすることを提唱しています。

今ないところにビーチを作る案

今年5月にモアナ・サーフライダーとロイヤル・ハワイアンの前のビーチに15,000立法メートルの砂を敷いたばかりですが、シェラトン・ワイキキとハレクラニの前にも広いビーチを作る計画があります。いっそのことワイキキにある道路を全て運河にして、ベニスのようにしたらどうかと言う案もあるそうですが、これは予防対策と言うより、適応策の最後の手段です。

海面上昇に関するハワイの法律

海面上昇に関する法律的な動きもあります。イゲ知事は、売主は物件が海面上昇の影響を受けやすいことを開示しなければならないという新法に署名しました。また、海面より90センチ以上高い場所に家を建てるという州と市のガイドラインや、海岸線のセットバックが、近いうちに法律化されるとも言われています。

既に、カマケエ通のホールフーズ・マーケットやワードビレッジのサウスショア・マーケットは、盛土の上に建てられており、2022年に建て替えられるプリンセス・カイウラニ・ホテルも、そうする予定です。私の一番古いクライアントは、ホノルルの高級コンド組合ですが、海に近く、地下駐車場に水が溜まることがあり、まだ築30年ですが、再開発の可能性も既に視野に入れています。

私の日本の実家も、大雨が降ると家の前の道が川のようになることがよくあり、子供の頃、近所の家の池から逃げ出したコイが泳いでいるのを見て、喜んだ覚えがあります。もう30年以上も前のことですが、両親が実家を建て替えたとき、敷地をコンクリートの壁で囲って、50センチほど高くして建て替えました。このような対策を世界的に打って行かなければならないときが既に来ているようです。

この記事を動画でチェック

今日は、海面上昇の損害を最小限にとどめるために、ホノルルでどのような取り組みがなされているかについて解説しました。またこの動画が良かったと思ったら、グッドボタンを押して頂ければ励みになります。このチャンネルではハワイの物件情報や、アメリカ・ハワイの不動産マーケットの情報をお届けしています。アメリカの不動産に興味のある方、ハワイで不動産を持ちたい方は是非チャンネル登録をお願いします。

海面上昇にホノルル市はどう対処するのか:ハワイ・ビジネス・マガジン
元サイトで動画を視聴: YouTube.