元ホームレスの二人の不動産業者

最近、ホノルルで元ホームレスという人に二人会いました。二人とも今は成功しており、たまたまですが、二人とも不動産の仕事をしています。

AirB&Bのせいでホームレスが増えた?

私たち家族は、今ホームレスシェルターとして貸している家を売って、次に何を買うか、そろそろ考え始めたところです。その辺の事情はまたほかの記事で書くとして、ある分譲マンションのオープンハウスを見に行って、そのユニットを売っていた不動産屋さんのおじさんに会いました。このマンションはAirB&Bにも使えるというので、ホノルルにホームレスが増えた一つの理由はAirB&Bのせいだという人もいるが、どう思うかという話になりました。つまり、AirB&Bがなければ、それらの家はハワイ住民に貸すことになり、住宅難が緩和され、供給が増えれば当然家賃も下がるというわけです。

ところが彼は、絶対にそんなことはないと言い切るのです。ずいぶん独断的な人だなと思ったら、実は自分もホームレスだったというのです。確かに、ホームレスの中には、精神病の人もいて、そういう人は助けが必要だが、自分のようにただ怠けていた人間は、援助をする代償として強制的にでも働かせるべきだというのです。何でも無料で与えるのは、彼らの怠けた生活態度を可能にしているだけで、かえって良くないというのです。

このような意見は私もよく聞きますし、わからなくもないのですが、こういう発言をすると、思いやりのない人だと思われますので、特に政治家はそのような発言は避けます。でも彼は自分がホームレスだったので、遠慮なくそう言えるし、自分のことなので説得力があります。彼はその中から立ち直って不動産の仕事をはじめ、何人もの恵まれない子供たちを養子にし、今は、低所得者向けのアパートの開発もしているということでした。

アメリカのセクション8

アメリカにセクション8という低所得者向けのプログラムがあり、国が家賃を援助してくれます。これに認定された人は、決められた期間内に住むアパートを探さなければなりません。オーナーや管理士は、家賃の未回収損がないので、それは良いのですが、規制や報告がものすごく厳しくて、ほとんどのアパートはセクション8のテナントを受け入れません。せっかく援助を受ける資格をもらっても、結局借りれるアパートが見つからなくて、そのまま資格を失ってしまう人が多くいます。

日本でも去年10月にいわゆる住宅セイフティーネット法が改正され、この援助を受ける資格のある入居者を受け入れるアパートを全国的に募集しているそうですが、25平米以上という要件がネックになって、入れるアパートがほとんどないそうです。古くて入居率の低い物件は小さな部屋が多く、せっかく法改正されても、適用されないことが多いそうです。米国と同じで、手続きの煩雑さもこの法律が期待されたほどのインパクトを与えていない理由のようです。

話をハワイに戻しますが、彼のようにセクション8についてよく知っている人は、規制を満たすために何をしなければいけないか、またどのような報告をしなければいけないかがわかっていますので、いったん慣れてしまうとそれほど苦になりません。彼とは、将来、何か一緒に仕事ができるといいねと言って、別れました。

 

高校中退から数百人の社員をもつ会社の経営者へ

もう一人は、たまたま行ったセミナーの講師でした。彼は、カリフォルニア州の日系アメリカ人で、お父さんから肉体的にも精神的にもひどい虐待を受けたそうです。2階の窓から放り出されたこともあるそうで、その時に脱臼した右肩が、今でも完全には癒えてないそうです。そんな中、彼は17歳で家を出てビーチで寝るようになり、高校を中退しました。

ある日、アルバイトを見つけようと思って求職の申込書を書こうとしたところ、その半分くらいが読めなくて、ハッとしました。このままではいけないと思った彼は、知り合った牧師さんなどの助けを受けながら、人生をやり直したそうです。彼はいくつかのことを心に決めて、実行してきました。まず、何事も不平を言わないで感謝すること。特に自己憐憫は絶対に避けると心に誓ったそうです。彼のような環境に育ったとしても、彼はそれを言い訳にはしませんでした。次に、自分を過小評価しないこと。謙遜であることは大切ですが、自分には何もできないと考えてはいけません。

そしてもう一つは、楽をしないことです。彼は、朝4時に起きて、聖書を読んでお祈りをし、一日の目標を立てて、ジムに行きます。そして、午後4時には仕事を終え、後は家族のための時間です。彼が言うには、そのどれを取ってみても、そんなに難しいことではないというのです。確かに、朝4時に起きるのはちょっと大変ですが、血を流すような努力が必要なものではありません。それらは特に難しいことではないが、それでも、それらをしないという選択の方がずっと楽だ、と彼は言います。つまり、楽な方を選ばないで、これらの小さなことを積み重ねていけば、人生が変わるというのです。

彼は、このようにして、高校中退でありながら、今は数百人の社員を持つ不動産会社を経営しているそうです。確かに彼の言う通り…。私も今からでも遅くはないか?…。ブログに書いた以上は、ちょっと責任を感じるし…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。