現地オープンハウスの動画をチェック!

米国初!3Dプリンターで建築された家がニューヨークで発売

米国初3Dプリンターで建築された家がニューヨークで発売になりました。コンクリート造で$299,999。インマンから記事をご紹介します。

参考 The country's first-ever 3D printed house hits the market in New Yorkinman

3Dプリンターの家は米国のどこにでも建てられる

ニューヨークの開発業者SQ4Dが、140平米の家を「早く、安く、強く」建てました。3LDKでバスルームは二つ、別棟のガレージという、標準的な家です。その強度と耐久性は、木造とは比べ物にならないとか。

場所は、NYのリバーヘッドですが、それには理由があります。リバーヘッドは、建築規制の厳しさで有名なところ。ヴィンセント・ディカニオという開発業者が、老人生活施設を建てるために市と16年間訴訟したことでも有名だそうです。ディカニオは2001年に建築許可の申し込みをしましたが、2003-2005年にかけて一連の都市計画法が改正され、この居住系と商業系の複合開発は、止められてしまったのです。誰も開発したくないリバーヘッドにわざわざこの3Dプリンター住宅を建てたのは、このリバーヘッドでも建てられるということをアピールしたかったからなのです。

「ということは、他のどこでも建てられるということです。しかも、より安く安全にです。ホームレスの問題にも取り組めますし、災害救済にも役立ちますし、環境にも優しいです。」(事業部長のカーク・アンダーセン氏:CNNのインタビュー)

「オートメーション化で誰でも新築の家を建てられる」

工事期間は従来の住宅の3分の1。総工費は70%減。大きな仕事はほとんどロボットがしてくれますので、3人で建てられるそうです。3Dプリンターは、基礎から外壁内壁まで建てるのに、わずか6-8時間。必要な電力はヘアドライヤーとほぼ同じで、材料に全く無駄がないそうです。

仲介をするリアルティ―・コネクトUSAのステファン・キングさんが言うには、フォードのオートメーションのようなもので、どれだけ安くできるかということがわかったら、そのうち当たり前になるでしょうとのこと。

「工事費は他のリバーヘッドの新築に比べて半分で、10倍の速さ。このテクノロジーはアメリカ、環境、歴史を変えます。フォードが車を大衆のものにしたように、誰でも新築の家を建てられるようになります。」

画期的であり早く安く出来ることは間違いなし

工事期間が3分の一だと言う人もいれば10分の1だという人もいるし、費用は70%減だという人もいれば半分だという人もいますが、画期的に早く安くできることは間違いないようです。

リバーヘッドはロング・アイランドの東の果てで、ニューヨーク市からは車で1時間半ですが、それでも新築の家が30万ドルと言うのは、意外に安いという印象。調べたところ、リバーヘッドの住宅中央値は$37.5万です。この中央値のほとんどは中古物件ですので、いかに安いかということが分かります。

早くハワイにもできないかな~。誰かこの3Dプリンター買いませんか。