現地オープンハウスの動画をチェック!

Zillow(ジロー)がiBuyer事業から全面撤退ーインマンー

ジローは、2週間前、iBuyerの転売用物件購入を年末まで一時停止すると発表したばかりでしたが、全面的に撤退することを11月2日に発表しましたので、今日はそれについて解説します。

ジローは2021年末まで住宅購入に急ブレーキ

Zillow(ジロー)がiBuyerの購入を停止した理由とは

購入を一時止めると発表したときの主な理由は、需要が高すぎて対応できないというものでした。まるで、儲かり過ぎているという印象を受けますが、購入した物件を修理するための業者が足りないというのです。しかし、需要が高いと聞いて私が直感したことは、修理業者のことではなく、iBuyer(転売業者)にわざわざ買ってもらわなくても、高く売れるので、一般の買主との競争に勝てないという意味ではないかと思いました。ジローほど多くの情報を持っている会社が、修理業者が直せる住宅の数を予想できないわけがない、という疑問の声も上がっていました。

急落するZillow(ジロー)の株価

在庫が売れるにつれて社員を解雇し、最終的には25%の人員削減です。同日発表された収益報告によると、第三四半期の売上は、予想の$19.9億を下回る$17億。転売関係の損失が$4.22億で、全体では前期までの純利益が反転して$3.28億の損失となりました。その日の株価は、$95以上でオープンしてクロージングは$85.48。その後収益が発表されて、米国東部時間の夕方6時には$78を切りました。$200以上だった今年の2月の約3分の1です。

2021年11月2日ジロー株

全面撤退はZillow(ジロー)の価格査定ゼスティメートの不正確さが原因

全面廃止の理由は、先日のブログでも取り上げたゼスティメート(価格評価)の不正確さだそうです。ゼスティメートの価格で購入するというジロー・オファーが、ゼスティメートの不正確さが原因でうまく機能しておらず、それに腹を立てるお客さんも多いとか。また、他のiBuyerに比べて住宅を高く買い過ぎたことも原因の一つで、iBuyer市場シェアトップのオープンドアに追いつこうと頑張ったことが、たたったのかもしれません。特に、ジローのシェアが非常に高かったアリゾナ州のフィーニックス市場も、金利上昇などで不動産市場が冷め始め、現在、購入したときより平均$29,000安く売りに出している状況です。

ジローのAI不動産査定に関して知っておくべきこと ーインマンー

 

ジローは、ショーイングタイム(大田翔平選手のショータイムとは関係ない)と言う内覧予約アプリの会社を買収したばかりで、そこからの収益増が期待されるとのことでしたが、iBuyerのように、これが成功したら米国の不動産業界が変わるというようなものではありません。ジローは、新ビジネスモデルを確立し、そのリーダーになることを目標としていたはずです。

ジローが$5億でショーイングタイムを買収することに

他の転売業者の動向

ちなみに、iBuyer最大のシェアを持ち、ソフトバンクも投資しているオープンドアは、今回の発表に際して、これからも転売ビジネスを継続すると発表しています。ジローと同じにしてくれるなと言うことでしょう。そのほか、多くの業者が転売事業を始めていますが、以前、不動産ポータルを利用した仲介業参入に関してブログを書いたレッドフィンもやっています。しかし、彼らは、転売目的でレッドフィンが購入するよりも、レッドフィンの仲介サービスを使った方が得だと、お客さんに説明しているそうです。私自身は、iBuyerと言うビジネスモデル自体に無理があると思っていますが、レッドフィンのこの言葉が、それを証明していると思います。

REDFIN(レッドフィン)のビジネスモデルは日本で可能か

Zillow(ジロー)の今後について

問題はこれからで、ショーイングタイムのように今までと同じことをより効率的にするITビジネスだけではなく、業界を一変させるようなビジネスモデルを始めて欲しいと期待しています。ジローの不動産ポータルのシェアを見ると、それができる位置にあると思うからです。その点では、ショーイングタイムの購入に$5億かけるよりも、住宅ローン業者を購入した方が、新ビジネスモデルのオプションが増えると思います。次に何を始めるか次第ですが、株は今が買い時なのかもしれません。

この記事を動画でチェック

 今日は、ジローがiBuyerビジネスから全面的に撤退することを11月2日に発表したことについて解説しました。またこの動画が良かったと思ったら、グッドボタンを押して頂ければ励みになります。このチャンネルではハワイの物件情報や、アメリカ・ハワイの不動産マーケットの情報をお届けしています。アメリカの不動産に興味のある方、ハワイで不動産を持ちたい方は是非チャンネル登録をお願いします。